CONTENTS

REPORT

2018.02.06

話題のスーパーフード「フリーカ」に迫る

話題のスーパーフード「フリーカ」は皆さんご存知ですか?

「なんか変な名前」「そもそも何がスーパーなの?」なんて思われた方もいるかもしれません。
今回はそんな方たちのためにも、フリーカの魅力や驚きの栄養素などについてお伝えします。

 

フリーカってどんな食べ物?

フリーカとは、若い小麦をローストして、天日干しで乾燥させた穀物の一種。

どうしてこんな食べ方がされるようになったというと、始まりは火事がきっかけだったそうです。

 

収穫前の小麦畑が火事で丸焦げになってしまったとき、良い香りがしたから試しに食べてみたら、「意外と美味しい!」ことが分かり、その後も食べられるようになったとか。
発見はいつも意外なところから生まれるんですね…。


フリーカには収穫前の小麦が使われているため、もともと豊富な栄養素が詰まっています。
しかもそれがローストによってギュッと凝縮されているのがフリーカの特徴。
その栄養価は数あるスーパーフードの中でもトップクラスに優秀で、海外セレブたちの
でも大流行しているほどです。

 

フリーカの驚きの栄養素-ダイエットにも効果抜群-

フリーカにはビタミンEやタンパク質のほか、カルシウムや鉄分といったミネラルも含まれています。
特に豊富なのは食物繊維で、その栄養価は玄米の約4倍です。これらの栄養素は健康的な体づくりに役立つだけではなく、高い美容効果も発揮してくれます。

 


ダイエットにも高い効果があるのがフリーカです。
フリーカは豊富な栄養素を含んでいる一方、血糖値を上昇させるGI値や、脂肪を溜め込みやすくする性質のあるグルテンの量は控えめです(グルテンには食欲を増進させる効果もあります)。

 

フリーカにはダイエット中の食欲を抑える働きがあるほか、糖質の吸収をおだやかにして、太りにくい体をつくっていくこともできます。
 

調理も簡単で食べやすい!

フリーカを鍋やフライパンで煮込めば、リゾットのようにして食べられます。
もともと味にコクがあるため、シンプルな調理法でもおいしく食べることが可能です。

サラダや肉料理の付け合わせなど、フリーカはアレンジもしやすい食材。
和食との相性も良く、白米と一緒に炊飯器で炊けば、玄米ご飯のようにして食べることもできます。

 


もちろん、フリーカだけで炊いてお米感覚で食べるのもアリです。
それだけだと寂しいので、魚や肉も一緒にどうぞ。

 

まとめ

日本だとシリアル形式で食べられることの多いフリーカですが、個人的にはリゾットなどにして食べた方が美味しいと思います。
ただ、日本ではフリーカのレシピがまだ定まっていない状態ですので、新しいレシピをどんどん考案
すると楽しめるかもしれません

 

この記事のライター:大田 滉貴(おおた ひろき)

SNSでシェアする

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします