CONTENTS

REPORT

2018.02.22

寒さは晩酌で乗り越えろ!体が温まるお酒の選び方

体を温めるための食べ物はたくさんありますが、お酒ではどうでしょう。
乾杯の時にかかせないビールは冷えているからこそ美味しくもありますが、冬に飲むならやっぱり体を温めるお酒がいいですよね。
冬にかかせない、体を温めてくれるお酒を紹介します。
 

体温が一気に上がるのはアルコールのせい

お酒にはアルコールが入っているので、どれを飲んでも最初のうちはアルコールが働いて血行を良くし、体がぽかぽかと温かくなってきます。

ですが、アルコールには発汗作用も含まれているので、次第に汗をかきだして、結局は体が冷え切ってしまいます。これは、辛くて汗をかく唐辛子などの香辛料と同じ原理です。

アルコールで体温が高くなり、気が大きくなって薄着で外に出て風邪を引く愚か者は毎年のように続出します。

 

体を温めるお酒と冷やすお酒

体を温めてくれる効果を持つお酒として、日本酒や赤ワイン、ブランデーや紹興酒などが挙げられます。お米や赤い果皮など、体温を上げる効果を持っている材料が使われた日本酒や赤ワインなどは、冬に飲むお酒として特に適しています。

 

体温を上げるためにはお酒の種類も大切ですが、お酒を飲む方法にも目を向けましょう。工夫次第では更に体温を上げることが可能です。

日本酒の熱燗や、焼酎のお湯割りは一般的ですが、他にもホットワインを試してみましょう。




ウォッカは体を温める?

アルコール度数の高いお酒として有名なウォッカ。火の酒とも呼ばれているほどで、飲めば確実に体が温まります。
 

ですが、最初に述べたように、飲んで体が温まるのはアルコールによる作用のせいです。
ウォッカを飲んで顔や首は一気に熱をもちますが、暫くすると発汗作用が働いて、体温を奪っていってしまいます。

そのためウォッカを「体を温めるお酒」として選定はできません。

ウォッカと言えばロシアですが、2009年の世論調査では、なんとロシア人の4割が一切お酒を飲まないことが判明したそうです。なんだか残念ですね…。
 

ウォッカについて詳しく知りたい方はコチラ:ウォッカを知る


 

まとめ

食事の最初に、キンキンに冷えたビールなどを飲むと胃の消化が悪くなってしまいます。

温かいお酒を食前に飲んで、体への負担も減らしましょう。
最近はホットビールなども販売されるようになったので、体の冷えを気にされるなら、温められたお酒を飲んでから、食事を楽しんでみるのもいいかもしれません。

 


この記事のライター:河合 唯花(かわい ゆいか)

SNSでシェアする

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします