CONTENTS

REPORT

2018.02.28

ウォッカを知る

寒い日はウォッカを飲んで温まろう!なんて言葉がありますが、32年間生きてきた私の周りで、実際にこんな言葉を放つロシア被れの人に出会った事は一度もありません。

というより、ウォッカを飲む機会ってあんまりありませんよね?
居酒屋に行ったらビールでしょうし、ウォッカ大好き!って言って、ラッパ飲みしている人にも出会った事がありません。

「とりあえず度数が高い」というイメージのウォッカですが、今からウォッカとの付き合い方や、ウォッカについて紹介していきたいと思います。

 

ウォッカの度数は40~96%

一般的なバーなどに置いているウォッカの度数は40%から96%まで種類は様々。
96%のウォッカはスピリタスといったウォッカです。

飲酒する際にはタバコは厳禁(燃えるから)です。

よく火を吐くパフォーマンスがありますよね?

 
あれです。


 
口から火を吹くのが夢だった人だけ使って下さい。

間違って息を吸い込んだら肺が焼けるので、やっぱりやめてください。



 

ウォッカはカクテルにする事でとにかく飲みやすくなる

コンビニに売っているSKYY BLUEやスミノフが飲みやすいように、クセがないウォッカはカクテルにすることで、より輝くお酒です。

代表的なモスコミュールやスクリュードライバーなんかでもまだ苦手…という方には、チョコレート系リキュールのマティーニやカカオリキュールを使ったブラックルシアンなど、ジュースのようなカクテルをオススメします。

 


 

ウォッカを飲むのならフレーバードウォッカがオススメ

ズブロッカはバイソングラスという希少なハーブを原料としてウォッカに漬け込んだもので、桜のようなやわらかい香りと甘みから、桜餅のような香りと形容されており、ロックでも水割りでもソーダ割りでも、カクテルとして使っても飲みやすく香り豊な味わいとなります。

ウォッカはクセの少ないお酒ですが、クセがないと言ってもあの強いアルコールの香りが苦手…と言った方も少なくありません。

先輩に「ウォッカを奢るよ!ロックとストレートどっちがいい!?」なんて言われたら、もしかしてこの人、自分の事嫌いなのかな?なんて考えてしまいますもんね。

でもウォッカによっては、ロックやストレートで飲んでも「おいしい!」と感じる種類もあるんです。

 

 

水牛ラベルが特徴でウォッカ界のエース:ズブロッカ

バイソングラスといった希少ハーブを原料に漬け込んだウォッカ。
桜のような甘くやわらかい香りに、強いお酒が苦手!という人でも飲みやすい部類のウォッカです。

ロックや水割り、ソーダ割りでも美味しく飲めるので、初心者にもオススメ。

 
 

オススメのカクテル:「シャルロッカ」

ズブロッカ1とアップルジュース3~4を掛け合わせる有名なカクテルで、とにかく相性が良く、女性でもゴクゴク飲めてしまいます!
ですから飲み過ぎ注意!
 
 

 

まとめ

ウォッカとの付き合い方や、オススメのカクテルを紹介させていただきました。
ウォッカに対してあまりいいイメージを持っていないなら、ぜひ試してみてください。

ただし、スピリタスなどアルコール度数の高いものは気をつけてくださいね。
バーテンダーの友人から、「お客さんにスピリタスをいただいて、ちょっと無茶して4杯飲んだら、翌日に救急車で運ばれた。」なんていう話を聞いたことがあります。

胃胃の中に熱湯を注いだような痛みがして、診てもらったら胃に複数の穴が空いていて、入院までしたそうです。

入院費は39000円でした。。。気をつけましょう。

 

この記事のライター:山下 祐輔(やました ゆうすけ)

SNSでシェアする

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします