CONTENTS

REPORT

2018.03.09

福岡・博多のローカルグルメ、「ごまさば」を知る

福岡では庶民から愛されている「ごまさば」という料理をご存知でしょうか?
「ごまさば」は博多の定番料理です。鮮魚を扱っている居酒屋などで食べる事ができます。

作り方はシンプルで、九州特有の甘みのあるしょうゆベースのタレを鯖にかけ、ゴマをまぶし、ネギを散らします。そしてわさび一摘みをサバに乗せたら完成。

一口食べると嫌な事がすべて吹き飛んでしまいそうなほどの絶品料理です!



 

ゴマサバとごまさば

サバと一口でいっても3種類のサバが存在しており、マサバ、ゴマサバ、タイセイヨウサバと分かれています。わたし達がスーパーなどで見かけるのはタイセイヨウサバというものです。

そして「ごまさば」に使われているサバは、「ゴマサバ」ではなく「マサバ」という…
「ごまさば」という名前なのにマサバを使っているのがややこしいです。日本酒は英語圏では「sake」と呼ばれていますが、それに匹敵するややこしさです。
ただ、福岡・博多で”ごまさば”と言えば、冒頭で紹介した一品料理を指します。



 

本当の「ごまさば」は福岡でしか食べられない

ごまさばの調理工程は非常に簡単でありながら、福岡以外ではなかなか食べられません。水揚げされて時間が経ってしまうと、サバが傷んでしまうからです。

福岡の鮮魚市場は、日本で1番の水揚げ量を誇っています。
そのため水揚げされてからすぐに市場にいき、そのまま目利きの職人たちが魚を買っていくのです。
獲れてすぐのサバを1番美味しく食べられる方法は刺し身だと私は思っています。その刺し身にごまと薬味をたっぷりかける事によって、極上の味を体験できるでしょう。



 

逃さすと勿体無い!ごまさばの旬の季節は6月!

ごまさばを食べた人は「一度食べたごまさばの味をもう一度…」と福岡に赴いたり、「一度でいいからごまさばを食べてみたい」というコアな方までいるほど、ごまさばは魔性の食べ物として、連日多くの観光客を福岡に引き寄せます。

そんな「ごまさば」を1番美味しく食べられる季節は6月頃です。
6月頃のマサバはとくに脂が乗って丸々と太っていますので、「ごまさば」を食べてみたい人は6月頃に福岡へ行ってみてはいかがでしょうか。よりおいしい「ごまさば」が食べられることでしょう。



 

まとめ

ローカルな料理は、地元の新鮮な材料を使っているものが多いので、他地域の方が食べてもおいしいものばかりです。さらに旬が揃うと最高ですね。



 

この記事のライター:山下 祐輔(やました ゆうすけ) 

SNSでシェアする

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします