CONTENTS

  • TOP
  • CONTENTS
  • 記事一覧
  • インド料理を味わいたいなら「エリックサウスマサラダイナー」

FEATURE

2019.04.23

インド料理を味わいたいなら「エリックサウスマサラダイナー」

南インドの伝統料理と、肉×スパイスの石窯グリルが楽しめる

JR山手線渋谷駅は原宿や新宿、代官山へのアクセスがよく、学生からサラリーマンまで多くの人が集まる活気のあるエリア。
駅から徒歩5分、様々なタイプの飲食店が連なる繁華街で、GEMS神宮前の5Fに店を構えるのが「エリックサウスマサラダイナー」。
南インドの伝統料理と肉×スパイスの石窯グリルが楽しめるモダンインディアンレストランとして
開店以来、連日のように地元の方や近隣エリアで勤務する方など多くの人が訪れ、賑わっています。

今回、エリックサウスマサラダイナーさんにお邪魔するのはフリーモデルとして活躍する音羽美香さん。

音羽美香さん

@miktasn

兵庫県出身で身長は161センチ、関西でフリーモデルとして活躍中。
2017年に「ミス浴衣」準グランプリを獲得。
8代目城崎温泉観光大使。JOYFIT24公式アンバサダー。
趣味は写真とカフェ巡り。

ライブ感あふれる南インドダイニング

  • お洒落なBARのような、コロニアルスタイルの内装

    インド料理店であることをついつい忘れてしまいそうな、おしゃれなBARのような内装。あえてクラシカルな重厚さを取り入れたというコロニアルでラグジュアリーな空間が、大人の時間を演出してくれます。

  • あらゆる来店スタイルで楽しめる空間

    店内にはテーブル席、ソファー席が用意されており、ゆったりと時間をかけてレストラン体験を楽しめる空間に。カップルやパーティ、会食まで幅広いシーンで使い分ける事ができます。また中央にはカジュアルなカウンター席が設けられており、1人でも気軽に利用できるお店となっています。

マサラダイナーってどんなお店?

「先鋭的なインディアンレストラン」として、普段インド料理に親しみのない方からマニアの方まで数多く訪れるという同店。店長さんにお話を伺い、人気の秘密を探りました。

美香さん「このお店の名前を初めて聞いたとき、どんなお店なんやろう?って思いました。このお店について詳しく教えてください。」

店長「エリックサウスは従来より、オーセンティックな南インド料理を日本では先駆的に、且つ極めてカジュアルなスタイルで扱ってきた事でご支持をいただいてきました。
このマサラダイナーは、それをさらに発展させたメニューを数多く加えたレストランスタイルのお店です。大変喜ばしいことに開店以来、多くのメディアで取り上げてもらいました。」

美香さん「凄い人気ですもんね、噂には聞いてました!神宮前にお店を構えようと思ったのはどうしてですか?」

店長「ここ神宮前の地を選んだ理由は、従来のエリックサウスとは全く異なる、先鋭的なレストランを作りあげるために最適な立地と考えたからです。」

美香さん「〝先鋭的なレストラン〟…。そう聞くと、ちょっと気後れしちゃいそうです(汗)」

店長「大丈夫ですよ!インド料理をおしゃれに楽しんでみたい方も、刺激的な未知の食体験を求める方も、ひとりでふらっと気軽にヘルシーなお食事をされたい方にも、きっとご満足いただけると思います!」

美香さん「楽しみになってきました!さっそくお料理をいただきます!」

南インドの伝統的なクレープ「マサラドーサ」

  • 米とウラド豆を一晩自然発酵させた生地を薄く延ばして焼いた、南インドの伝統的なクレープ。発酵由来のほんのりとした酸味と豊かな風味があり、クリスピーに焼き上がっています。軽食や前菜として、今や世界中で人気のヘルシーフードです。

  • 「生地そのものは上品なベビーカステラみたいな優しい味!生地のパリッとした食感と、ジャガイモのほろほろっとした食感が合わさって不思議な感じがします。」
    「サンバルやココナッツ、野菜のペースト、カレー味のジャガイモと、生地との配分が違うだけで味も全く違ってくるから、毎口毎口楽しめて美味しいです!」

味付け・塩加減共に抜群のラム肉ステーキ

  • エリックサウスマサラダイナーで特にオススメしたいのが、ディナータイムのみ提供されているスパイシーラムステーキ。(グラム7円 標準200〜300g ディナータイムのみ)
    石窯を使って450度の高温で焼き上げられたラムステーキをインドの伝統的なハーブやスパイスでマリネして、ミディアムレアに仕上げられています。
    石窯ならではのスモーキーなフレイバーと、驚くほどクセの無いヘルシーな赤身肉は味わい深く、ペロッといけてしまう逸品!何度でも食べたくなる味です。

  • 「とにかく柔らかくて、脂身がとろけます!美味しいー!特に骨の周りの、脂がたくさん乗っているジューシーな部分がたまらなく美味しいです!ラム肉の部位ごとに調理法を変えて調理しているから、ガッツリお肉を楽しみたい人におすすめです!
    お肉の周りには口直し用の付け合わせがあるから、辛味や酸味、旨味を口の中でひとつひとつ楽しむことができます!」

新しいスタイルのインド料理を季節のコースで

モダンインディアンのプレミアムフルコース(5000円 ディナータイムのみ)は、2か月ごとに季節に合わせた内容とテーマへ変更。旬の味覚をつめこんだフルコースが楽しめます。

1品目「そら豆のアルーティッキ ペコリーノロマーノ」
インドのスパイシーな「芋餅」アルーティッキに旬のそら豆をたっぷり混ぜこんで風味豊かに。新鮮なそら豆にペコリーノチーズを合わせると、イタリア・フィレンツェの春の味覚もイメージされる淡白な美味しさに仕上がっている。

2品目「ホタルイカとムール貝のタブレサラダ 白魚のラヴァフライ」
モロッコ発祥、フランスでアレンジされたクスクスサラダを更にインドの港町ゴアのイメージで、スパイスとハーブの風味に季節の魚介を合わせました。ラヴァフライはセモリナ粉をまぶしたゴアの定番料理。現地ではボンベイダックと呼ばれる小魚で作られるのがポピュラーですが、白魚との相性もそれに負けず抜群。

3品目「ゴア風ポークシチュー」
スパイシー且つ酸っぱくて濃いイメージのゴア料理ですが、家庭料理はそうとも限りません。豚肉と野菜のシンプルな煮込みはゴアのお母さんの味。そんなところにもまたヨーロッパの食文化からの強い影響が感じられます。伝播の道のりを更に逆戻りして、フランスのポトフの技巧を借りつつ素材の滋味を引き立てる、華やかな味わいに。

 

  • そら豆のアルーティッキ ペコリーノロマーノ

  • ホタルイカとムール貝のタブレサラダ 白魚のラヴァフライ

  • ゴア風ポークシチュー

「アルーティッキはとことん練り込んだぞ!って、一口目から分かっちゃうほどに噛み応えがある食感。芋餅とそら豆って、組み合わせるとこんな不思議な味になるんですね!
サラダは口の中でクスクスとなるような、まさに名前の通りの食感です。楽しい!(笑)魚介とか香草、トマトを噛んだ瞬間に、味と香りがぶわーっと抜けていくのがたまりません・・・!
ポークシチューはどこかホッとするような、家庭料理の味がします!家に帰ってきてこのポトフがあったら、それだけで幸せな気持ちになっちゃいますね!」

4品目「豪州産ファイネスト・ラム 背肉のローストと肩肉のマサラコンフィ」
シャルガムゴシュト、グレープフルーツとトマトのミントソース。上質なラム肉を部位ごとに異なる調理法で、ムスリム料理の伝統的な味わいを再構築しました。背肉はハーブ主体のマサラでジューシーなローストに、肩肉はスパイス主体のマサラで柔らかくコンフィに。

5品目「天草産真鯛のプラオ 鯛アラのフュメで仕立てたミラグーコランブ添え」
当店流の南インド風「鯛めし」。レモンやカレーリーフの風味でシンプルに仕立てたプラオに、鯛アラの濃厚なダシをきかせたミラグーコランブ(黒コショウのカレー)を合わせます。モダンインディアン風豆のカレーヨーグルト、プラオはおかわりも可能!

6品目「栃木県産とちおとめ イチゴのファルーダ」
ファルーダはインドの「飲むパフェ」。地域によりそのスタイルは千差万別ですが、今回はハイデラバードのスタイルをベースに日本の食文化に合わせてアレンジ。グラスの上から順に苺のキャラメリゼ、苺、苺のピュレ、ミルクアイス、ヨーグルト、ベリーのカルダモンコンフィチュール、バジルシード、カスタード、葛切り、練乳と重ねている。


 

  • 豪州産ファイネスト・ラム 背肉のローストと肩肉のマサラコンフィ

  • 天草産真鯛のプラオ 鯛アラのフュメで仕立てたミラグーコランブ添え

  • 栃木県産とちおとめ イチゴのファルーダ

「マサラコンフィはラム肉独特の弾力!ぷりぷりしているというか、噛みごたえがすごいです!酸味のあるトマトソースが凄くさわやかなんですけど、さわやかすぎなくて、ちょっと辛みがあるのが不思議です。美味しい・・・!
真鯛のプラオは最初、『このソースたちとご飯、全然合わなそうやな』と思ったんですけど、ご飯と一緒に食べて『アレ?なんでこんなに合うん・・・!?』って驚きました。お米の弾力感が強くて、ペースト状のソースも相まって、噛めば噛むほど甘みが出てくる・・・お酒が欲しくなりますね!(笑)
イチゴのファルーダは濃厚な甘さが口の中でじんわりと広がって、『美味しいってこういうことなんだ!』って感動しちゃいました。私の中で、パフェはもう完全に飲み物です(笑)」

料理に対するこだわり

美香さん「どれもおいしかったです!お料理に対するこだわりなどもあれば、ぜひお聞きしたいです!」

店長「そうですね…料理に関しては大きく3本の柱があります。
・現地そのままの味わいでお届けする、ミールスやビリヤニ、ドーサなどのオーセンティックな南インド料理
・タンドール料理の発展形として専用の石窯で焼き上げる『肉×スパイス』のグリル料理
・ロンドンを発祥として世界中で盛り上がりつつあるインド料理の新潮流『モダンインディアン』
これらをモットーに提供しています」

エリックサウスマサラダイナーの魅力

ちょっとかわった本格インド料理が様々な形で楽しめる、エリックサウスマサラダイナーでした! どれも本当においしくて、インド料理が苦手な人でも楽しめるお店です!

>>> エリックサウスマサラダイナーの店舗ページはこちら

SNSでシェアする

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします